Micro-Teaching(模擬授業)の分担表、最新版はこちらです。

模擬授業が済んだら、アウトラインを指導案に書き換えて提出してください。
最初の Practice Lesson Outline よりも詳細に、指導する語や表現なども書き出すこと。
45分授業にするつもりで、構成を工夫してください。3人で相談して1つ出してください。
また、模擬授業についてのふり返りを各自で書いて提出してください。ワードで打つこと。
A4版用紙に1〜2枚、コメントシートの評価項目に沿って書いてください。


模擬授業の前に用意する Practice Lesson Outline の見本はこちらです。



児童英語指導者に考えて欲しい9つのこと
― 健全な理論に裏付けられた実践のために ―
(Sorry, still under construction)
 
英語という言語の性格について知識を持つこと
1. なぜ英語は世界共通語として役立つのか。
2. 英語を学んでいる人はどれくらいいるか。
3. 世界中の人が英語を学ぶのはなぜなのか。
 
児童英語教育について健全な教育観を持つこと
1. なぜこどものうちから外国語を学ぶのか。
2. こどもはどのように英語を習得するのか。
3. こどもと同じ学び方なら流暢になれるか。
 
指導者として知識と技能と実践力を高めること
1. 発音、リズム、イントネーションの技能。
2. 基本的語彙、語法、文法の柔軟な運用力。
3. 健全な理論に裏付けられた指導・実践力。